HOME » 映像テキストコース(スマホ用)

映像テキストコース(スマホ用)

平成29年度 映像テキストコース

平成29年度の映像テキストコースの参加者を募集しています。

映像テキストコースは次のような方に適しています。
・独学で勉強をしている方
・勉強のペースがつかめない方
・低額の教材を探している方

【映像テキストコースについて説明】

【映像テキストコース 配信例】

下記の説明映像は28年度の映像テキストコースですが、
29年度でも基本的に同じようにやっていきます。

映像テキストコースでは、10日に1度、①または②のような
添削論文の解説や勉強方法を1つ実施します。

①2015357.pdfの解説

添削論文2015357.pdfのダウンロード (右クリックして保存)

2015357.pdf解説音声のダウンロード (右クリックして保存)

②パターンで論文を書くと良い理由

パターンで論文を書くと良い理由の音声のダウンロード (右クリックして保存)

筆記合格者の方から次のようなコメントをいただきました。

「いつもお世話になっています。○○県の△△こと□□□□です。
筆記試験に合格しました。これもヒーロー先生のおかげです。本当にありがとうございました。
発表から1日たって、先生のおっしゃっていたように、
嬉しさから急に不安が大きくなってきました。模擬面接もよろしくご指導お願いいたします。
筆記を初めて突破できたのも、論文の添削と音声と合わせて受講したからだと思います。
論文の締切日に追われ、音声が送られてくる早さに追われいたような感覚でした。
でもこの追われていなかったら、また今までのように途中で勉強するのをやめていたと思います。
追われて苦しいということを感じることもなく、必死でやり続けたら合格していました。
論文を書くことを優先したので、音声テキストの音読や書き写しはあまりできませんでしたが、
ヒーロー先生が言われていた、技術士塾の仕組みのおかげで続けられました。
絶対にこのチャンスをつかみ取りますので、最後までよろしくご指導をお願いします。」

また、別の合格者からも。

「塾長、お世話になっています。□□です。
電話で話したように合格していました。また涙が出てきました。
本当に、本当にありがとうございました。今日は妻と祝杯をあげます。
技術士塾では2年ですが、合格するまでに8年かかりました。
長かったですが、続けてよかったです。
2年前に塾長に相談して、背中を押してもらえなかったら、
きっと受験を止めていたと思います。1年前もそうでした。

論文添削、音声、セミナー、模擬試験と塾長についてきただけです。
どれか一つでもやっていなかったらダメだったかもしれません。
添削でも満足な点数をなかなか取れませんでしたし、
模擬試験でも知識・応用問題の時間配分に失敗しました。
そのたびに励ましてもらいました。塾長には感謝以外の言葉がありません。

きっと塾長はまた「何にもしていません。□□さんが頑張ったからです。」と言われるでしょう。
でも、本当にただ塾長に言われたようにやっただけです。

7回不合格になったのは、1回目の成績がA-A-Bで「いける!」という
思い上がりがあったからかもしれません。筆記に合格して浮かれることなく、
塾長の言われることを守りながら口答試験対策に取り組みます。

先ほどの電話報告で、塾長が泣いてくれたことを一生忘れません。
やってよかったです。模擬面接、よろしくお願いします。

P.S
塾長が択一は過去問題が出るからとおっしゃったときに、同じ問題は出ませんよ。
と失礼なことを言って本当に申し訳ありませんでした。
あの一言がなかったら、択一の過去問題を重視していずに、不合格だったと思います。」

え~ぇ、私もすごくうれしいですが、合格するのは本人の努力のたまものなのです。

あなたも筆記合格者のように、次の方法で勉強を継続することができます。

ステップ1.10日毎に届く映像(音声)をペースメーカーにする。
ステップ2.解説音声(mp3)を毎日聞くことで脳に刷り込む。
ステップ3.論文を音読し、書き写すことで合格論文を体に覚えこませる。
ステップ4.論文を書くときにフレーズや構成が自然に出てくる。

あなたも忙しいから勉強できないとあきらめないで下さい。
上記の2名もあきらめずに取り組んだから合格したのです。

解説音声はmp3形式でダウンロードできるので、
そのままiPodやICレコーダに入れることができます。

【あなたが実践すること】
解説映像を見る → 解説音声をダウンロード → iPodに入れる → 毎日聞く
論文を音読する → 論文を書き写す

これで勉強を習慣にできます。

それから、添削論文を自分の声で吹き込み、同じように聞くことで
合格論文を自然に脳に刷り込むことができます。





























対象科目 建設部門
コース 映像テキストコース
配信期間 平成28年10月10日から平成29年6月20日まで
指導内容 過去の添削論文について、良い点・悪い点などの解説を交え、
論文の書き方の解説を14回程度行います。
1つの論文について5分から10分程度の解説です。課題解決論文が中心です。
その他に、12回程度勉強の方法や29年度のポイントなどについて配信します。
独学で勉強をしている方や勉強のペースがつかめない方にお勧めします。
28年度の映像テキストコースとは別の添削論文を使用しますので、
毎年内容は別のものになります。
課題解決能力をアップできるように、
他科目の添削論文を使用する場合が多いですが、「思考の流れを書く」という
技術士論文の主旨から合格できる論文能力は十分つきます。
配布回数・配信予定日 配信予定は10/10、10/20、10/30、11/10、11/20、11/30、12/10、12/20、12/30(年末年始のため早めに配信予定)、1/10、1/20、1/30、2/10、2/20、2/29、3/10、3/20、3/30、4/10、4/20、4/30(GWのため早めに配信予定)、5/10、5/20、5/30、6/10、6/20です。ただし、出張などで予定日に配信できない場合には多少前後する場合があります。全26回です。
配信する専門科目についてはどの科目を配信するかは未定です。
途中からでもすべての映像を見ることができます。
配信方法 解説を見ることができるページのURLをお知らせします。
その他 この映像テキストコースは、テキスト(平成28年度の添削論文540論文3万円相当分)付です。
自己投資費  一般 2万円
過去の塾生、平成28年度の映像テキストコースの方 1万5千円
平成29年度塾生 無料(映像テキストコースの申し込み不要)
なお、映像テキストコース参加費を振り込んだ後で論文添削コースに申し込んでいただく方は、塾生との差額分については論文添削コースの振込時に損をしないように調整します。
必ず論文添削コースの申込みのときに申し出てください。

映像テキストコース詳細説明のダウンロード (右クリックして保存)

映像テキストコースの手続き方法

下記の“申し込み、質問”メールに必要事項を記入して送付して下さい。
上記受講料の内容を参考にして「一般2万円」などと書いて下さい。
  ↓
メールで振り込み等の案内を送付します。
  ↓
振り込み完了で申し込み完了です。(振り込み手数料はご負担下さい)
その他内容等の質問があれば遠慮なくどうぞ。

映像テキストコースの申し込み、質問メールは、こちら>>

 

メニューガイド

塾生の方専用ページ

アメブロ フェイスブック

プロフィール

プロフィール

あなたと同じぐらい忙しく働いていた私が技術士試験に合格できたのは、頭が良かったからではありません。「技術士になりたい」という目標をあきらめなかったからです。だからあなたも必ず技術士になることができます。

続きを読む→

ヒーロー小松からのお知らせ

Heroの技術士塾
〒518-0116
三重県伊賀市上神戸4560-118
連絡先:0595-37-0099
メール
ヒーロー・オフィス
代表 小松 英雄

関連サイト

お問い合わせ

新着情報

カテゴリー